改正入管法、成立!

job_reporter_woman_smile

ご無沙汰しております。
社会保険労務士事務所みらいの飯村です。

 

12月8日未明、改正出入国管理法が参議院本会議で可決、成立しました。
2019年4月に施行されます。

 

単純労働者の受け入れ!移民制度だ!などと大騒ぎされ、政府・与党の準備不足!
等批判されたりしておりますが…

 

4月から、新たな在留資格「特定技能」が2種類設けられます。

 

「特定技能1号」「特定技能2号」の2つ。

 

「特定技能1号」は、「相当程度の知識又は経験を要する技能を
要する業務に従事する外国人向けの在留資格」。

通算5年が上限です。
家族を連れてくることは出来ません。

 

対象となる業種は下記の14業種の予定、です。

建設業、農業、漁業、飲食料品製造業、自動車整備、航空業、造船・船舶工業、
素形材産業、電気・電子機器関連産業、産業機械製造、介護、 宿泊業、外食業
ビルクリーニング

 

 

「特定技能2号」は、「同分野に属する熟練した技能を要する業務に
従事する外国人向けの在留資格」。

在留期間の上限はありません

家族を連れてくることが出来ます。

 

対象となる業種は下記の2業種の予定、です。

建設業、造船・舶用工業

ですが、施行後数年間は受け入れない方針、とのこと。

理由は後程、、

 

 

どんな外国人が該当するのかというと。

「特定技能1号」

技能水準・日本語能力水準を満たすことが必要。試験を受けて合格した外国人。

もしくは、技能実習2号を終了した外国人

 

「特定技能2号」

特定技能1号の在留資格を持つ外国人が、業所管省庁が定める一定の試験に合格
すること等で移行。

 

無題

(首相官邸HPより)

 

ポイントは、「技能実習2号を終了した外国人」。
特定技能1号になる際、試験を免除されます。

 

技能実習1号は技能実習生の1年目、技能実習2号は2年目3年目、
技能実習3号は4年目5年目、です。

 

あれ?「技能実習3号を終了した外国人」が「特定技能1号」に試験免除に移行
するのではないの?と思ってしまいました。

 

技能実習3号になるには、優良な監理団体及び企業で認められます。

認められない業種もあります。

技能実習3号では無く技能実習2号特定技能1号になれるってことは、
技能実習3号は今後どうなってしまうのか…

 

技能実習については過去のブログで取り上げていますので、こちらをどうぞ。

 

技能実習

(首相官邸HPより)

 

技能実習特定技能1号の大きな違いの1つ目は、
特定技能1号に、技能実習では認められていない「宿泊業、外食業」
が含まれていること。

 

「宿泊業、外食業」

人手不足が深刻な業種ですね。

 

宿泊業について、「技能実習では認められていない」と書きましたが、

正しくは技能実習2号(2年目3年目)に宿泊業が無い、ということ。

 

技能実習1号(1年目)は職種制限が無いので、1号だけなら宿泊業でも
技能実習生は受け入れ可能。1年限定ですけどね。

 

なお、宿泊業は技能実習2号で認められてはいないのですが、実際には
ホテル・旅館でも技能実習生はたくさん働いています。

 

それは、技能実習2号移行が認められている「ビルクリーニング」業種です。

その中に、客室清掃と客室整備(ベッドメイク等)があります。

 

ベッドメイクって、宿泊業でしょ、と思いますが。

ビルクリーニング職種の実習生を受け入れるためには、
「建築物清掃業」か、「建築物環境衛生総合管理業」である必要があります。

 

大手ホテルも含めてですが、客室清掃等は実際には清掃業者が請け負って
いるところが多いです。

 

 

さて、特定技能1号ですが、ここに宿泊業が含まれた為、技能実習にも宿泊業が
認められるように!という動きがあります。

 

通算3年の実習期間を終えた「技能実習2号」修了者が、試験なしで「特定技能1号」
に移行できるからです。

 

特定技能1号だけなら5年が上限ですが、技能実習+特定技能1号なら8年勤務出来ます。

 

そうです。
技能実習2号」修了者は、試験なしで「特定技能1号」移行できるんです。

 

ってことは、この新しい制度は、3年もしくは5年で帰国してしまう技能実習生を
引き続き日本で働けるようにするための制度なんですかね。。。

 

 

技能実習2号からの移行ではない場合は、試験を受けなければならない為、
政府は受け入れを見込む外国で日本語能力判定テストを実施することを検討
しているそう。

各業界団体でも、技能試験の整備に向けて準備されています。

 

が、4月施行で特定技能1号となるのは、技能実習2号から移行の外国人が
まずはほとんどとなるのでしょうか。

今後の試験等の整備状況が気になります。

 

 

最初に、特定技能2号について、建設業、造船・舶用工業だが、施行後数年間は
受け入れない方針と書きましたが、その理由は「永住権」にあるよう。

永住権は、居住要件として在留10年以上必要ですが、特定技能2号はその在留年数を
永住許可の居住要件として含めることが出来るからです。

技能実習特定技能1号の期間は永住権の要件にはカウントされません。

 

永住権への道を狭めるために特定技能2号の受け入れが少ないようです。

 

 

技能実習と特定技能の大きな違い2つ目は転職できるかどうか、だと思っています。

技能実習は転職ができませんが、特定技能1号は、資格を認められた
技能の範囲内であれば転職できます(現時点では見込み、です)。

 

最低賃金の低い地方から最低賃金の高い都会へ、外国人も流れていきそうですね…

地方の人手不足をまかなう制度とはあまり思えません、、、

外国人だって、待遇のいい勤務先がいいですよね、、、

 

現在の在留資格はこちら。

在留資格

(首相官邸HPより)

 

「特定技能」の内容や仕組みはまだまだこれから整えられていくので、詳細が分かりましたら適宜ブログに書きたいと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

「人」と「組織」と「社会」のみらいのために

社会保険労務士事務所みらいのメンバーブログを、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

飯村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中