年金の受給年齢繰り下げってなに?

年金手帳を持つ高齢者

社会保険労務士として年金に携わる仕事をしながら、実はあまり年金の受給に関することは仕事として触れる機会はほとんどありません。

老齢年金は原則65歳から受給となりますが、最近厚生労働省で人生100年時代に向けてということで、70歳を超えてから受給を始める仕組みを検討始めたとの報道がありました。

老齢年金の支給の繰下げについては、正しい理解が無いと怖いことになりますので、2回の予定で解説したいと思います。
年金のご相談については個人の方が対象となるので、基本的にお引き受けする機会が無いというのが本音です。

たまに障害年金のご相談がありますが、専門的な要素が強いので知り合いで得意にしている先生をご紹介するようにしています。

ところが先日、横須賀市生涯学習財団様の市民大学講座をお引き受けする関係で久しぶりに老齢年金の受給に向き合う機会を頂きました。
冒頭、老齢年金は原則65歳からと述べましたが、現実に65歳前に受給している例があります。

これは「特別支給の老齢年金」といいまして、昭和61年の年金法改正の名残で、今回テーマとする老齢年金の繰り下げ受給とは関係ありません。

64歳までに受給する老齢年金と、65歳から受給する老齢年金は別の制度の年金とまずは理解する必要があります。

厚生労働省の資料をもとに図解しますね。

年金の受給開始年齢

図のように65歳になるまでは、生年月日と性別によって、年金の受給開始年齢が違いますが、これは前述のとおり昔の年金制度の名残です。

私の2歳上の姉は今年60歳。

彼女は来年から特別支給の老齢厚生年金を受給できますから、チョット羨ましい。

今回テーマの年金の受給繰り下げについては老齢厚生年金は平成19年からとなっており、昭和16年4月1日生まれ以降の方が対象となっております。

昭和16年4月1日以前の方については別の制度がありますが、今年が65歳の方は昭和28年にお生まれの方なので今回説明の対象からは外させて頂きます。
では繰り下げ受給のお話です。

年金の繰り下げ受給は、月単位で年金額の増額が行われることになります。

また、その増額率は一生変わりません。

増額率=(65歳に達した月から繰下げ申出月の前月までに月数)×0.007

上記の式で増額が計算されますので、最長5年=60月繰り下げを行うと、
0.007×60=0.42・・・・42%の増額となる計算です。

請求時の年齢 増額率
66歳0ヵ月~66歳11ヵ月 8.4%~16.1%
67歳0ヵ月~67歳11ヵ月 16.8%~24.5%
68歳0ヵ月~68歳11ヵ月 25.2%~32.9%
69歳0ヵ月~69歳11ヵ月 33.6%~41.3%
70歳0ヵ月~ 42.0%

年金の繰り下げは基礎年金と厚生年金とは別々に行うことが可能です。

65歳からは基礎年金だけ貰い、厚生年金については70歳まで支給繰り下げにしておいて、42%の増額を受けることも可能です。

仮に年額で180万円の老齢年金(基礎年金と厚生年金を併せて)を受給する方が、全額を70歳まで繰り下げするとしたら、年額で75万円超も増えることになります。

どうですか?
年金の支給繰り下げって結構魅力的に感じますよね。
私もこれを調べてから、改めて最近届いた年金定期便を引っ張り出して、自分の年金についてシュミレーションしてみました。

最近周りの方も年金の受給を気にする年齢になってきました。

60歳或いは65歳になるときにどういう働き方をすればよいのか、今から考えておくべきかと思います。

そろそろ私も、、、というお方。
じっくり考えることも大事です。

次回はもっと掘り下げてみたいと思います。

 

荒木

ロゴ

横浜の賃金制度・人事 ・労務管理は株式会社ヒューマンリソースみらい

横浜の労働保険・社会保険の手続はプライバシーマークで安心の社会保険労務 士事務所みらい

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中