働きたい会社ってどんな会社?

job_kyuujinshi_man_happy

 

ご無沙汰しております。
社会保険労務士事務所みらいの飯村です。

先日の台風、怖かったですね…

首都圏では、初めてJRが計画運休を行いました。

天災により交通機関がストップして従業員を休業させた場合の賃金はどうしたらいいのか、
という質問を会社様からいただいたりもしましたが、、、

 

と、台風前後にネットの書き込みを見てみると、「台風来ているのに出勤しろと会社が
言っている!」とか、

「電車通勤組には帰宅命令がでたのに、車&徒歩通勤組には指示がない」とか、

「10月1日に内定式を予定通り行った会社はブラックだ!」とか…
(台風が通過することは分かっているのに内定式を延期しないなんて!ということ…)

 

だれでも簡単にネットに意見を上げることが出来るようになり、ややもすれば
天災時の会社の対応いかんで、ブラック企業のレッテルを貼られる時代になって
しまいました。

 

会社名をウェブ検索をすると、従業員からの口コミ、、なんてページが上がって
きたりして…

 

前回の荒木のメルマガで、

「「働き方改革」といいますが、まず経営者の「働かせ方」の意識改革がまずは早急に必要」

とお伝えしていましたが、今までと同じ感覚でいると、働く側の意識とのずれが顕在化し、 人材流出・採用難に直面するかもしれない、と感じます。

 

平成30年8月の有効求人倍率は1.63倍

 

有効求人倍率.jpg

(厚生労働省HPより)

 

1974年1月以来の高い水準です。

 

我が事務所でも求人を出していますが、以前と比べると応募が少ない…

 

 

株式会社リクルートキャリアが発表した9月1日時点での大学生の就職内定率は91.6%。
これも高い水準です。

就職率

(株式会社リクルートキャリアHPより)

 

 

中小企業では新卒採用を重点とされている会社は少ないかもしれません。

 

下記は、独立行政法人労働政策研究・研修機構の「企業の多様な採用に関する調査」から。
従業員数によって正社員の採用方針に違いがあるようです。

 

正社員の採用方針

(独立行政法人労働政策研究・研修機構HPより)

 

規模の大きい会社ほど新卒採用に重点を置いており、規模の小さい会社ほど中途採用に
重点を置いているようです。

 

 

中途採用の場合は、どのような手段で募集をしているのでしょうか。

 

求人方法
規模の大きい会社ほど、人材紹介会社を使用しているようです。

 

弊所は30人未満の企業規模ですが、紙媒体の求人以外はどれも実践済みです。
中途採用をする上での工夫や取り組みは…

中途採用の取り組み.jpg

「募集時に職務内容を明確化」、、、これは必須ですね。
その他の取り組みも、参考になるものが多いな、と思います。

 

「多様な正社員制度の導入」は、規模の大きい会社ほど取り組みが多い様子。

規模の小さい会社でも、時短正社員は取り入れやすいと思いますが…

 

ここには記載がありませんが、フレックス勤務制度、在宅勤務制度が整っていることも
魅力に映るのではないでしょうか。

 

ちなみに。社後に上司・同僚になる社員を選考段階で紹介」は、弊所でも
毎回行っています。

私も入所前の面接の時、当時の所員の方と話せる機会がありました。
職場のイメージもつき、この方々とだったらやっていけそう!!と応募意思を強めた
記憶があります。

 

小さい会社なら人事異動が少なく、職場の人間関係を気にしますから、選考段階で
社員との顔合わせの機会を設けることは、入社後のミスマッチ・早期退職を防ぐ上でも
効果はあると思います。

 

 

ちなみに、新卒の方が働きたい!と思う会社はどんなところなのでしょうか。

 

まず、独立行政法人労働政策研究・研修機構の「企業の多様な採用に関する調査」から。

 

就職希望状況

 

次に、株式会社リクルートキャリアが発表した「働きたい組織の特徴(2019年卒)」
によると、若くて新しい企業より歴史や伝統がある企業、安定志向、ワークライフバランス
重視、といった傾向が見られます。

 

歴史や伝統がある企業、というと大企業をイメージします。

 

株式会社マイナビが発表した「2019年卒マイナビ大学生就職意識調査」によると、
「絶対に大手企業がよい」+「自分のやりたい仕事ができるのであれば大手企業がよい」
の合計は54.5%。

 

 

大手企業と中小企業での給与水準の違いは、国税庁のデータからも分かります。

人数別平均給与.jpg

(国税局HPより)
「5000人以上の事業所を100 とした場合の指数」なんてデータまで出している…

 

給与だけで見ると、中小企業は大企業には及びませんが、「自分のやりたい仕事」、や
「ワークライフバランス」。

そして多様な働き方として、「職務限定社員」「勤務時間限定社員」を取り入れることも
出来そうですね。

 

 

株式会社マイナビが発表した「2019年卒マイナビ大学生のライフスタイル調査」では、
「育児休業を取って積極的に子育てしたい」と回答した割合は男子で38.7%。

 

女性の育休取得はもちろんのこと、男性の育休取得率をアピールしたり、在宅勤務制度や
フレックス制度の導入など、できることはたくさんありそうです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

「人」と「組織」と「社会」のみらいのために

社会保険労務士事務所みらいのメンバーブログを、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

飯村

 

job_kyuujinshi_man_happy

働きたい会社ってどんな会社?」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中