介護休業給付を実際に申請してみました

 

 

みなさん、こんにちは。

社会保険労務士事務所みらいの小池です。

 

7月、8月と連日異常な暑さが続いていますね。

台風、ゲリラ豪雨と天気も大荒れでしたね。

9月に入ったら、この暑さも落ち着くのでしょうか。

(台風21号が来た後は、気温が下がるようなことをニュースでは言っていましたが。)

急に気温が下がると、それはそれで体調を崩しかねないので、

注意したいとは思います。

今年のような異常気象、来年以降は発生しないことを祈ります。

2020年が今年みたいな猛暑続きだったら、

東京オリンピックが本当に大変なことになってしまいますね。

 

 

今回のブログですが、最近初めて「介護休業給付金」を

申請する機会がありましたので、

その際のことについてお話したいと思います。

 

まず、介護休業給付金の申請をする前段階でですが、

介護休業を取得しようとしている方から、

「介護休業申出書」を提出してもらう必要があります。

介護休業申出書
厚生労働省の参考書式

介護対象となるご家族のお名前、続柄、介護を必要とする理由、

休業する期間などを記載し、会社に届出ていただきます。

こちらの書類は、介護休業給付金を申請する際に、添付する必要があります

 

 

介護休業給付が支給される期間ですが、

対象家族一人につき、3回を上限として、通算93日までとなります。

今回ご相談頂いたケースでは、業務の関係上、

休業期間中に出勤せざるを得ない日があるかもしれないということでした。

ここで私にある疑問が。

介護休業期間中に出勤した日は、通算93日に含まれるのかどうか、ということです。

早速ハローワークに問い合わせたところ、

「介護休業期間中に出勤した日も、通算93日間に含まれる」ということでした。

これを回避するには、出勤しなければならないタイミングで、

介護休業を分割して取得するしかありません。

ただし、この場合で注意しなければならないポイントが。

そう、介護休業が分割取得できるのは最大3回までと決まっているのです。

2週間休業し、1週出勤というペースで介護休業を取得したとすると、

通算93日になる前に、3回までの分割取得の上限に引っ掛かり、

支給が終了となってしまいます。

連続して休業できるのであれば問題ありませんが、

合間に出勤せざるを得なくなる場合は、

どのような取得方法が有利なのか、事前に検討したほうがよさそうです。

(今回のケースでは分割せず、通しで取得としました。)

 

もう一点、介護休業期間中に出勤せざるを得ない場合の注意点があります。

介護休業給付は介護休業を取得した日から1ヵ月毎に支給額を計算して支給となります。

この1ヵ月間に就業していると認められる日が10日以下でなければ、

支給を受けられません

ですので、11日以上勤務してしまうと、その1ヵ月については、

支給されないという結果になります。

介護休業中にそこまで出勤することはあまりないとは思いますが、

注意が必要です。

 

 

介護休業期間が終了したら、実際に給付金の申請となります。

介護休業給付金支給申請書
介護休業給付金支給申請書

申請書に記載する内容は、育児休業給付金とほぼ同様になります。

相違点としては、介護対象家族のお名前と個人番号(マイナンバー)の記載が

必要という部分でしょうか。

介護対象家族の個人番号が必要になる旨は、

事前に介護休業を取得される方にお伝えしておいた方が良いかと思います。

「雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書」も初回の申請時には求められます。

こちらも育児休業給付金と同様ですね。

上記の書類によって、雇用保険の加入期間の条件を満たしていることの確認と、

支給額の確認が行われます。

 

その他に添付書類として、

・「介護休業申出書」

・「介護対象家族の氏名、被保険者本人との続柄、性別、生年月日等が確認できる書類」

 (同一世帯の場合は住民票、別居の場合は戸籍謄本など)

・「介護休業の開始日・終了日、介護休業期間中の休業日数の実績が確認できる書類」

 (出勤簿・タイムカード等)

・「介護休業期間中に介護休業期間を対象として支払われた賃金が確認できる書類」

 (賃金台帳等)

が必要となります。

住民票等は介護休業を取られるご本人様にご用意いただく必要がありますので、

こちらも事前にお伝えしておいた方が良いかと思います。

※当初予定していた介護休業期間の終了による申請ではなく、

介護対象のご家族が亡くなられたことによる介護休業終了の場合は、

対象となるご家族が亡くなられたことを証明する書類の添付が必要となります。

具体的には「死亡診断書」「埋葬許可証」「除票の記載のある住民票」などです。

 

上記の書類を用意して、事業所を管轄するハローワークへ申請となります。

私は電子で申請したのですが、結果が出るまで(決定通知書が発行されるまで)は

1~2日程度でした。

(ハローワークの混み具合によりもっと時間が掛かる場合もあります。)

支給決定後、1週間程度で指定口座に給付金が振り込まれます。

 

このような流れで初めての介護休業給付金の申請は完了しました。

申請する前までは、準備が大変かなとも思っていたのですが、

思いのほかスムーズに手続きできました。

(事前に必要な情報、書類をちゃんと揃えて頂いた事業所様と、

対象者の方のおかげです。)

今後、給付を受ける方が増えることは明らかですので、

今回の経験を元に、手続き等スムーズにご案内出来ればと思います。

 

 

「人」と「組織」と「社会」のみらいのために

社会保険労務士事務所みらいのスタッフブログ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中