算定基礎届の準備はお済みですか?

shimekiri_report_businessman

皆さまこんにちは。
社会保険労務士事務所みらいの土屋です。

ただいま社労士事務所は繁忙期真っ最中!

労働保険料の年度更新手続きが終わったと思いきや、
今度は算定基礎届の提出。ドッタバッタの毎日。。

早めにスッキリ終わらせて、楽しく夏を迎えたいものです☆彡

 

さて、昨年「算定基礎届」の提出時期です!の記事にて
算定基礎届とは何なのか、どのようにして標準報酬月額を
決定するのか、についてまとめました。

 

そうした根本的な部分は昨年から変わった点は無いのですが、
今年大きく違うのは、届出の様式が変更となったことです!

 

平成30年3月から年金分野でもマイナンバー連携が開始された
ことに伴い、多くの届出書の様式が新しくなりました。

算定基礎届もそのひとつです。

まず、これまで別の届出書だった「70歳以上被用者算定基礎届」
が通常の算定基礎届と統合されています。
そして総括表附票も無くなり、総括表の方で内容が網羅されて
いるような形になっていますね。

用意しなければならない書類が減るので、
ちょっとスッキリした印象でしょうか。

 

ただ個人的には、読みづらい・書きづらい!!

字がちっちゃいので、読んでいて目がチカチカします(*_*)
欄が狭くて字を書くとはみ出しそうだし…。

って、そんなことここで文句言ってもしょうがないですね。。

 

注意すべきところは、マイナンバーの記載でしょうか。

先ほど、マイナンバー連携が始まったことで様式が変わった、
と書きましたが、算定基礎届にもマイナンバーを記入する欄が
できました。

 

ただし!

通常の被保険者はマイナンバー記載の必要はありません!

 

年金機構から送られてきた記載例によると、マイナンバーは
70歳以上被用者の方のみ記入してください」とのこと。

 

文書

こちらは、日本年金機構のHPに出ている算定基礎届の記入例の一部。

一番上の「年金一郎さん」は、マイナンバーの記載がありますが
同時に備考欄の「1. 70歳以上被用者算定」に〇がついています。

2番目・3番目の「年金花子さん」「年金五郎さん」は、二人とも
マイナンバーの欄は空欄のままです。
欄が設けられているからといってすべての方のマイナンバーを
記載する必要はありませんので、注意しましょう!

※既に70歳以上被用者として届け出ている方については、
年金機構から届く用紙に基礎年金番号が印字された状態になっています。

 

この備考欄はいいですね~。

以前の様式だとどう書けばいいのかちょっと迷ってしまう
ような状況の説明を、〇を付ければいいだけになったので
わかりやすいなと思います^^

 

あと私が気が付いたところでは、決定後の
標準報酬月額を書く欄がなくなっています。

もともと以前の様式でも記載しなくて良い項目ではありましたが、
なんとなくぱっと見て「上がったな」とか「下がったな」とか
分かりやすかったので、私は比較的よく確認していて。

これがなくなったのはちょっぴり残念…。

 

まぁ、残念とか目がチカチカするとか言う前に、
早く新しい様式に慣れてササッと作成できるように
ならないといけませんね!

 

 

さてこの算定基礎届、4月~6月の支給額によって
標準報酬月額を決定するわけですが、会社様によっては

「年度初めは繁忙期でどうしても残業が増えてしまう…」
「7月以降はそんなに残業がないんだけどなぁ…」

なんていう状況もあるかと思います。

 

そんなとき、4月~6月の支給額ではなく年間の平均額
計算することができるのをご存知でしょうか?

 

以下の3つの要件があります。

文書2

(日本年金機構HPより)

①の要件
1年間というのは任意の12か月間ではなく、
前年7月~当年6月の1年間と決まっています。
等級差も2等級以上の差がなければなりません。

②の要件
今年はたまたま4月~6月の報酬が多かったから
年間平均で計算することにしよう!というのはです。
繁忙期などの関係で例年そのような報酬差が発生する、
という状況でないと年間平均で算出することはできません。

③の要件
年間平均で算出することで通常の方法で算出するよりも
標準報酬月額が下がる場合、当然ながら将来もらえる
年金額が減りますし、傷病手当金や出産手当金などの
給付の額も減ることになります。
そのことを被保険者にきちんと説明し、同意があった
場合にのみ、年間平均で算出することができます。

 

上記のようにいくつか要件はありますが、
年度末から年度初めは業務が忙しいという会社様は
比較的多いのではと思いますので、このような方法も
検討されてみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

「人」と「組織」と「社会」のみらいへ
社会保険労務士事務所みらいのメンバーブログを
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

土屋

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中