12月26日までのお役立ち情報

AI

AIにとって替わられる可能性が一番低い職業は「経営者」なんだとか。

相手の意図を汲み取り、臨機応変に対応する業務は今後も残ると予想されるのが理由とのことですが、経営者って職業なんでしょうか?

エン・ジャパンの調査です。

 

◆12/14 日本生産性本部
第8回 『メンタルヘルスの取り組み』に関する企業アンケート調査結果 
「心の病」の多い世代で20代が急増。各世代共通の課題に
http://activity.jpc-net.jp/detail/mhr/activity001523.html

◆12/15 労働政策研究・研修機構
2018闘争、賃上げ要求基準は3年連続で「3,000円以上」/金属労協
「基本賃金31万円以上」全(35歳相当)を組合が到達すべき目標基準に設定
http://www.jil.go.jp/kokunai/topics/mm/20171213.html

◆12/18 産業能率大学
「働き方改革」時代におけるビジネスパーソン個人の生産性向上
仕事の「効果性」と「効率性」の見直し
http://www.hj.sanno.ac.jp/cp/page/16033

◆12/19 東京都
平成29年「中小企業の賃金事情」調査結果
月間所定外実労働時間は男性15時間37分、女性8時間34分
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/12/18/06.html

◆12/19 エンジャパン
中小企業の「冬の賞与(ボーナス)」実態調査
増額予定のトップ3は、IT、メーカー、サービス業
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2017/12035.html

◆12/19 リクルート ワークス研究所
労働政策で考える「働く」のこれから
メンバーシップ型の日本での転職―「転職=即戦力」幻想の先へ
http://www.works-i.com/column/policy/1712_03/

◆12/20 エン・ジャパン
転職コンサルタントに聞く「AIに代替される仕事」調査 
AIに代替される可能性が高いのは「経理・財務・会計系」、低いのは「経営者」
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2017/12077.html

◆12/20 厚生労働省
平成29年上半期雇用動向調査結果の概況
入職率9.6%、離職率8.5%で、6年連続の入職超過
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/18-1/index.html

◆12/25 厚生労働省
平成29年(2017)人口動態統計の年間推計
403,000人の自然減(出生数と死亡数の差)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suikei17/dl/2017gaiyou.pdf

◆12/26 労働政策研究・研修機構
賃上げ:「1人平均賃金を引き上げた・引き上げる」割合が過去最高に
改定額は平均5,627円、改定率は2.0%
http://www.jil.go.jp/kokunai/blt/backnumber/2018/01_02/066.pdf

◆12/26 労働政策研究・研修機構
企業の多様な採用に関する調査
新規学卒採用と中途採用のどちらに重点を置いているか
http://www.jil.go.jp/press/documents/20171226b.pdf

◆12/26 労働政策研究・研修機構
大学生・大学院生の多様な採用に対するニーズ調査
女子学生は、勤務地が限定される企業を希望する傾向
http://www.jil.go.jp/press/documents/20171226a.pdf

 

荒木

ロゴ

横浜の賃金制度・人事 ・労務管理は株式会社ヒューマンリソースみらい

横浜の労働保険・社会保険の手続は社会保険労務 士事務所みらい

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中